先の大戦で沖縄並びに航空戦に散華された先輩、同僚、また運命を共にした航空機材の冥福を祈ります。 沖縄翼友会
HOME »» ニュースclip »» 戦闘機「飛燕」の計器盤再現 磐田の郷土史家が10年かけ

ニュースclip

戦闘機「飛燕」の計器盤再現 磐田の郷土史家が10年かけ 静岡新聞 2016.5.10

戦闘機「飛燕」の計器盤再現 磐田の郷土史家が10年かけ 協力した企業関係者に、再現した計器盤を紹介する岡部英一さん=9日午後、磐田市の篠田製作所

磐田市の郷土史家岡部英一さん(64)が、旧日本陸軍の戦闘機「飛燕」の操縦席計器盤の再現に成功した。飛燕の計器盤は現存しないとされ、当時の資料を探して10年がかりで機器を収集した。三菱航空機のジェット旅客機MRJの初飛行成功で国産航空機に注目が集まる中、岡部さんは「当時の最先端技術が詰まった日本の航空技術遺産として、計器盤を多くの人に見てほしい」と話す。

計器盤は縦横約80センチ。羅針盤や速度計、高度計など計器15個と無線機、照準器で構成する。終戦直後に撮影された飛燕の計器盤の写真を収めた海外の本や、ニューギニアで発見されたという実物の計器盤パネルの一部を手掛かりに、インターネットを駆使して当時の計器類を買い集めた。

計器盤を支える展示台は磐田市の篠田製作所、計器をはめ込むパネル部は浜松市東区のアライブテックにそれぞれ製作を依頼し、計器盤が完成した。

岡部さんは10年前から、終戦直後に磐田市の海岸に不時着した海軍機「緑十字機」の研究に取り組み、旧日本軍の航空機に深く関心を持った。「戦時中の航空技術は戦後日本の高度成長の礎になった。戦争を賛美するわけではなく、産業遺産として次の世代に伝えたい」と語った。

計器盤は今後、航空資料館など公的施設への寄贈も検討する。14、15日に静岡市で開かれる静岡ホビーショーの会場で一般公開する。

<メモ>飛燕 第2次大戦中に約3千機が製造され、米軍機B―29の迎撃などの作戦行動を担った。国内の現存機体は鹿児島県の知覧特攻平和会館に展示されていた1機のみで、製造当時の計器盤は残っていない。現在、所有する日本航空協会(東京都)が川崎重工業に委託し、同社岐阜工場で修復作業が進められている。

静岡新聞 2016.5.10より

空華之塔(くげのとう)について

太平洋戦争は沖縄を天王山として終結しました。例え悲しい敗戦に終わったとは申せ、地球の半ばを覆う広大な戦域を舞台として優秀な連合軍の空軍を対手に戦い抜いた我が航空勢の健闘は国民は申すに及ばず世界の人々の・・・>>>つづき空華之塔 Okinawa yoluyukai

アクセス

沖縄県平和祈念公園内に空華之塔はあります。那覇から平和記念公園は約22kmあります。沖縄本島の最南部糸満市摩文仁ありバス、タクシーもご利用できます。・・・>>>つづき案内地図 Okinawa yoluyukai

沖縄航空史

琉球王「尚 穆」(しょうぼく)の時代36年の頃、首里士族で花火師の安里周当(あさとしゅうとう)が凧(たこ)用の飛翔体で、南風原村(はえばるそん)字津嘉山(あざつかざん)部落の自宅および付近の山野で飛行したとの逸話伝説あり。・・・>>>つづき飛び安里 Photo:南風原町観光サイト

寄付について

戦後70年が過ぎ会員の高齢化と会員数の減少に伴い、維持管理の費用もそれぞれが持ち出しという状況になっています。先の大戦で勇敢に戦った英霊の功績を後生に残したい思いでなんとか維持しいるのが現状と申せましょう。航空関係者のみならず多くの日本の方々に心よりご支援の程御願い申し上げます。 Okinawa yoluyukai


寄付について

戦後70年が過ぎ会員の高齢化と会員数の減少に伴い、維持管理の費用もそれぞれが持ち出しという状況になっています。先の大戦で勇敢に戦った英霊の功績を後生に残したい思いでなんとか維持しいるのが現状と申せましょう。航空関係者のみならず多くの日本の方々に心よりご支援の程御願い申し上げます。