先の大戦で沖縄並びに航空戦に散華された先輩、同僚、また運命を共にした航空機材の冥福を祈ります。 沖縄翼友会
HOME »» ニュースclip »» 三つの特攻部隊に焦点、大刀洗平和記念館で企画展

ニュースclip

三つの特攻部隊に焦点、大刀洗平和記念館で企画展読売新聞2016年09月06日

戦死した隊員の遺影や遺書、軍装などが展示された会場戦死した隊員の遺影や遺書、軍装などが展示された会場

筑前町立大刀洗平和記念館で、企画展「知られざる特攻」が開かれている。特攻といえば、航空機で敵艦に突入する海軍の作戦が知られているが、ほかにも陸海軍で様々な手法がとられた。企画展では三つの特攻部隊に焦点を当て、初公開を含む約200点の史料で今に伝えている。

今回の企画展では、▽重爆撃機に800キロ爆弾2発を積んでフィリピン近海に出撃し、陸軍特攻の先駆けとされる「富嶽(ふがく)特別攻撃隊」▽九州上空に飛来した米爆撃機B29に戦闘機で体当たりする空対空特攻「回天制空隊」▽敵の飛行場に強行着陸して破壊工作を行う「義烈空挺隊」――を取り上げている。

このうち、回天制空隊については、1945年4月18日に雁ノ巣飛行場を飛び立ち、現在の小郡市上空でB29に体当たりして墜落させた山本三男三郎(みおさぶろう)少尉(当時23歳)について解説。山本少尉が身に着けていた血染めのマフラーや飛行眼鏡なども展示している。

義烈空挺隊はパラシュート部隊や陸軍中野学校で諜報(ちょうほう)や通信を習得した将校ら168人で構成。45年5月24日、米軍に奪われた沖縄県の2か所の飛行場に向かって熊本県・健軍飛行場から12機で出撃した。だが途中で撃墜されるなどし、着陸できたのは1機のみ。手榴弾(しゅりゅうだん)や吸着爆弾で敵機33機を破壊・損傷させ、ガソリン7万ガロンを燃やしたが、日本側だけで113人が戦死したとされる。

展示されているのは、三つの作戦で亡くなった隊員の遺書や遺品、血書、武器類の複製など。戦死者の遺族や知人のほか、靖国神社、陸上自衛隊などが協力した。特に義烈空挺隊は、従軍カメラマンが撮影した出撃直前までの写真が多く掲示されている。

山本寛館長は「出撃直前の若者たちの表情や遺書の文言に触れ、当時の若者たちの心情に思いをはせてほしい」と話している。

12月26日まで、会期中無休。入館料は大人500円、高校生400円、小中学生300円。問い合わせは記念館(0946・23・1227)へ。(読売新聞2016年09月06日


空華之塔(くげのとう)について

太平洋戦争は沖縄を天王山として終結しました。例え悲しい敗戦に終わったとは申せ、地球の半ばを覆う広大な戦域を舞台として優秀な連合軍の空軍を対手に戦い抜いた我が航空勢の健闘は国民は申すに及ばず世界の人々の・・・>>>つづき空華之塔 Okinawa yoluyukai

アクセス

沖縄県平和祈念公園内に空華之塔はあります。那覇から平和記念公園は約22kmあります。沖縄本島の最南部糸満市摩文仁ありバス、タクシーもご利用できます。・・・>>>つづき案内地図 Okinawa yoluyukai

沖縄航空史

琉球王「尚 穆」(しょうぼく)の時代36年の頃、首里士族で花火師の安里周当(あさとしゅうとう)が凧(たこ)用の飛翔体で、南風原村(はえばるそん)字津嘉山(あざつかざん)部落の自宅および付近の山野で飛行したとの逸話伝説あり。・・・>>>つづき飛び安里 Photo:南風原町観光サイト

寄付について

戦後70年が過ぎ会員の高齢化と会員数の減少に伴い、維持管理の費用もそれぞれが持ち出しという状況になっています。先の大戦で勇敢に戦った英霊の功績を後生に残したい思いでなんとか維持しいるのが現状と申せましょう。航空関係者のみならず多くの日本の方々に心よりご支援の程御願い申し上げます。 Okinawa yoluyukai


寄付について

戦後70年が過ぎ会員の高齢化と会員数の減少に伴い、維持管理の費用もそれぞれが持ち出しという状況になっています。先の大戦で勇敢に戦った英霊の功績を後生に残したい思いでなんとか維持しいるのが現状と申せましょう。航空関係者のみならず多くの日本の方々に心よりご支援の程御願い申し上げます。