先の大戦で沖縄並びに航空戦に散華された先輩、同僚、また運命を共にした航空機材の冥福を祈ります。 沖縄翼友会
HOME »» ニュースclip »» 戦闘機「飛燕」明石で復元 製造の川重後輩

ニュースclip

戦闘機「飛燕」明石で復元 製造の川重後輩神戸新聞NEXT2016/9/21

太平洋戦争中に撮影された「飛燕」の機体太平洋戦争中に撮影された「飛燕」の機体

太平洋戦争中に川崎航空機工業(現川崎重工業)が製造した陸軍の戦闘機「飛燕(ひえん)」を、同社の有志が修復している。当時エンジンを造っていた明石工場では、二輪車の開発担当者らが主要部品の過給機を復元した。「先人がものづくりに込めた思いや工夫の跡を感じ取りたい」と地道な作業を続ける。10月15日から神戸市内で展示する。(高見雄樹)

飛燕はエンジン製造を明石、機体の組み立てを岐阜の工場が担った。ドイツのダイムラー社からライセンスを受けた一型は約3千機を生産。上空1万メートルを超える高高度での運航性能が良く、米爆撃機の迎撃や特攻にも使われた。川崎が独自設計した二型は約60機が配備されただけで、両方の型を合わせ、日本航空協会(東京)が所有する二型の試作機が唯一現存していた。

復元したエンジン部品の「過給機」を囲む川崎重工業の社員ら=明石市川崎町、同社明石工場復元したエンジン部品の「過給機」を囲む川崎重工業の社員ら=明石市川崎町、同社明石工場

機体は計器類が失われ、エンジンに圧縮空気を送って出力を上げる過給機もなくなっていた。明石工場では1年前から有志10人が勤務時間外に過給機の復元を開始。設計図は戦後に焼却され、唯一残る写真や類似機種の図面を基に3Dプリンターで試作を重ねた。

メンバーの市聡顕(いちさとあき)さん(43)は、川重が昨年売り出した大型二輪車「ニンジャH2」の開発チームを率いた。設計の前に飛燕のエンジンを見て「無駄のない究極の機能美を参考にした」と話す。

通常は円形のエンジン排気口が楕円(だえん)形になっており、作りやすさよりも性能にこだわっている証拠だという。メンバーの恵上浩一さん(52)は「材料が乏しく、加工機械などの制約も多い中、ものづくりに向き合って最高の製品を造ろうとした先人の思いがよく分かった」と話す。

機体は全長9メートル、全幅12メートル。岐阜工場で組み立てなど全体修理を行い、同社の設立120年を記念して10月15日から11月3日まで、神戸港新港第4突堤の神戸ポートターミナルホールで展示する(10月18、19日は休館)。無料。午前10時~午後5時(入場は午後4時半)。川崎重工業神戸広報課TEL080・4063・2090
神戸新聞NEXT2016/9/21


(東アジア黙示録 ブログ)
“空の神兵”72年後の帰郷…零戦が刻んだ日台の航跡


空華之塔(くげのとう)について

太平洋戦争は沖縄を天王山として終結しました。例え悲しい敗戦に終わったとは申せ、地球の半ばを覆う広大な戦域を舞台として優秀な連合軍の空軍を対手に戦い抜いた我が航空勢の健闘は国民は申すに及ばず世界の人々の・・・>>>つづき空華之塔 Okinawa yoluyukai

アクセス

沖縄県平和祈念公園内に空華之塔はあります。那覇から平和記念公園は約22kmあります。沖縄本島の最南部糸満市摩文仁ありバス、タクシーもご利用できます。・・・>>>つづき案内地図 Okinawa yoluyukai

沖縄航空史

琉球王「尚 穆」(しょうぼく)の時代36年の頃、首里士族で花火師の安里周当(あさとしゅうとう)が凧(たこ)用の飛翔体で、南風原村(はえばるそん)字津嘉山(あざつかざん)部落の自宅および付近の山野で飛行したとの逸話伝説あり。・・・>>>つづき飛び安里 Photo:南風原町観光サイト

寄付について

戦後70年が過ぎ会員の高齢化と会員数の減少に伴い、維持管理の費用もそれぞれが持ち出しという状況になっています。先の大戦で勇敢に戦った英霊の功績を後生に残したい思いでなんとか維持しいるのが現状と申せましょう。航空関係者のみならず多くの日本の方々に心よりご支援の程御願い申し上げます。 Okinawa yoluyukai


寄付について

戦後70年が過ぎ会員の高齢化と会員数の減少に伴い、維持管理の費用もそれぞれが持ち出しという状況になっています。先の大戦で勇敢に戦った英霊の功績を後生に残したい思いでなんとか維持しいるのが現状と申せましょう。航空関係者のみならず多くの日本の方々に心よりご支援の程御願い申し上げます。