先の大戦で沖縄並びに航空戦に散華された先輩、同僚、また運命を共にした航空機材の冥福を祈ります。 沖縄翼友会
HOME »» ニュースclip »» 戦死の特攻隊員哀悼 鶉野飛行場で「平和祈念祭」

ニュースclip

戦死の特攻隊員哀悼 鶉野飛行場で「平和祈念祭」神戸新聞NEXT2016/10/3

鶉野平和祈念の碑に向かって献花する参加者ら=加西市鶉野町鶉野平和祈念の碑に向かって献花する参加者ら=加西市鶉野町

太平洋戦争中、旧姫路海軍航空隊の鶉野飛行場(兵庫県加西市鶉野町)から特攻隊として出撃し、戦死した隊員らを哀悼する「平和祈念祭」が2日、同飛行場跡であった。各地から遺族や自衛隊関係者ら約100人が参列した。(河尻 悟)

同飛行場は1943年、飛行士養成のため建設。45年に神風特攻隊「白鷺(はくろ)隊」が編成され、鹿児島・串良(くしら)基地から沖縄方面に出撃した63人が戦死した。また飛行機に起因する旧国鉄北条線列車脱線事故などもあった。

同飛行場跡は国が管理してきたが、今年6月に加西市が払い下げを受けた。市は戦争遺産として観光や平和学習に活用するほか、防災拠点や地域住民の憩いの場として整備を進める。

鶉野平和祈念の碑は99年、同飛行場跡に設置。戦死者名や短歌などを刻む。地元有志らでつくる「鶉野平和祈念の碑苑保存会」は平和祈念祭を開いてきた。

式典では、自衛艦旗を掲揚し、同保存会の三宅通義会長が「地元有志や遺族と(鶉野平和祈念の)碑苑を守っていきたい」などとあいさつ。参加者一同で黙とうし、碑の前で献花した。追悼演奏として「軍艦行進曲」などが同飛行場跡に響き渡り、最後は参加者全員で「海行かば」を斉唱した。神戸新聞NEXT2016/10/3


参考サイト

兵庫県加西市

鶉野飛行場資料館

鶉野平和祈念の碑苑


空華之塔(くげのとう)について

太平洋戦争は沖縄を天王山として終結しました。例え悲しい敗戦に終わったとは申せ、地球の半ばを覆う広大な戦域を舞台として優秀な連合軍の空軍を対手に戦い抜いた我が航空勢の健闘は国民は申すに及ばず世界の人々の・・・>>>つづき空華之塔 Okinawa yoluyukai

アクセス

沖縄県平和祈念公園内に空華之塔はあります。那覇から平和記念公園は約22kmあります。沖縄本島の最南部糸満市摩文仁ありバス、タクシーもご利用できます。・・・>>>つづき案内地図 Okinawa yoluyukai

沖縄航空史

琉球王「尚 穆」(しょうぼく)の時代36年の頃、首里士族で花火師の安里周当(あさとしゅうとう)が凧(たこ)用の飛翔体で、南風原村(はえばるそん)字津嘉山(あざつかざん)部落の自宅および付近の山野で飛行したとの逸話伝説あり。・・・>>>つづき飛び安里 Photo:南風原町観光サイト

寄付について

戦後70年が過ぎ会員の高齢化と会員数の減少に伴い、維持管理の費用もそれぞれが持ち出しという状況になっています。先の大戦で勇敢に戦った英霊の功績を後生に残したい思いでなんとか維持しいるのが現状と申せましょう。航空関係者のみならず多くの日本の方々に心よりご支援の程御願い申し上げます。 Okinawa yoluyukai


寄付について

戦後70年が過ぎ会員の高齢化と会員数の減少に伴い、維持管理の費用もそれぞれが持ち出しという状況になっています。先の大戦で勇敢に戦った英霊の功績を後生に残したい思いでなんとか維持しいるのが現状と申せましょう。航空関係者のみならず多くの日本の方々に心よりご支援の程御願い申し上げます。