先の大戦で沖縄並びに航空戦に散華された先輩、同僚、また運命を共にした航空機材の冥福を祈ります。 沖縄翼友会
HOME »» ニュースclip »» 豪 沈没した旧日本軍潜水艦の追悼慰霊碑設置へ

ニュースclip

豪 沈没した旧日本軍潜水艦の追悼慰霊碑設置へNHK1月5日

旧日本軍、潜水艦沈没、オーストラリアに慰霊碑(写真提供:Dr Tom Lew's)旧日本軍、潜水艦沈没、オーストラリアに慰霊碑(写真提供:Dr Tom Lewis)

第2次世界大戦中、オーストラリア北部の沖合で沈没した旧日本軍の潜水艦の乗組員を追悼する慰霊碑が、来月、北部の町ダーウィンに設置されることになりました。

75年前の1942年1月、旧日本軍の潜水艦「伊124」は、連合軍の要衝だったオーストラリア北部、ダーウィンの港の沖合で連合軍との交戦によって沈没し、艦長以下80人の乗組員全員が死亡しました。

オーストラリアでは旧日本軍によるダーウィンへの空爆で240人以上の犠牲者が出た歴史については広く知られていますが、日本の潜水艦の沈没についてはほとんど知られていません。

このため、歴史を伝え追悼の動きを広げようと沈没から75年の節目に合わせ、現地の交流団体が中心となって慰霊碑を設置することになりました

両国の国旗や関係者の名前が刻まれた慰霊碑は、潜水艦が沈没した海域を臨む高台に来月、設置される予定で、関係者や遺族などを招いた慰霊式も行われることになっています。

交流団体のキャスリーン・ブレズナーン会長は「日本の潜水艦の沈没はダーウィンでもほとんど知られていないので、慰霊碑や慰霊式を通じて戦争当時のことを伝えるよい機会になると思います」と話しています。NHK1月5日


Darwin commemorates sinking of a Japanese WWII submarine I-124 by Australian warship

Photo: Japanese submarine I-124 sunk by depth charges in waters north of Australia with her captain and 79 crew members on board. (supplied: tom LewisPhoto: Japanese submarine I-124 sunk by depth charges in waters north of Australia with her captain and 79 crew members on board. (supplied: tom Lewis

伊号第百二十四潜水艦

伊号第百二十四潜水艦(いごうだいひゃくにじゅうよんせんすいかん)は、大日本帝国海軍の潜水艦。伊百二十一型潜水艦の4番艦。竣工時の艦名は伊号第二十四潜水艦(初代)。1942年ダーウィン沖で戦没。ウィキペディア


深海の使者 (文春文庫)

新品価格
¥699から
(2017/1/9 08:26時点)


空華之塔(くげのとう)について

太平洋戦争は沖縄を天王山として終結しました。例え悲しい敗戦に終わったとは申せ、地球の半ばを覆う広大な戦域を舞台として優秀な連合軍の空軍を対手に戦い抜いた我が航空勢の健闘は国民は申すに及ばず世界の人々の・・・>>>つづき空華之塔 Okinawa yoluyukai

アクセス

沖縄県平和祈念公園内に空華之塔はあります。那覇から平和記念公園は約22kmあります。沖縄本島の最南部糸満市摩文仁ありバス、タクシーもご利用できます。・・・>>>つづき案内地図 Okinawa yoluyukai

沖縄航空史

琉球王「尚 穆」(しょうぼく)の時代36年の頃、首里士族で花火師の安里周当(あさとしゅうとう)が凧(たこ)用の飛翔体で、南風原村(はえばるそん)字津嘉山(あざつかざん)部落の自宅および付近の山野で飛行したとの逸話伝説あり。・・・>>>つづき飛び安里 Photo:南風原町観光サイト

寄付について

戦後70年が過ぎ会員の高齢化と会員数の減少に伴い、維持管理の費用もそれぞれが持ち出しという状況になっています。先の大戦で勇敢に戦った英霊の功績を後生に残したい思いでなんとか維持しいるのが現状と申せましょう。航空関係者のみならず多くの日本の方々に心よりご支援の程御願い申し上げます。 Okinawa yoluyukai


寄付について

戦後70年が過ぎ会員の高齢化と会員数の減少に伴い、維持管理の費用もそれぞれが持ち出しという状況になっています。先の大戦で勇敢に戦った英霊の功績を後生に残したい思いでなんとか維持しいるのが現状と申せましょう。航空関係者のみならず多くの日本の方々に心よりご支援の程御願い申し上げます。